通信講座の魅力とは

通信講座の最大の魅力は、自分の都合に合わせて学習を進めていくことができます。仕事が忙しく学校へ通う暇がないという人から人気で、自宅にいながらこの実務者研修の資格を取得することが可能です。

皆が注目する実務者研修の学び方【通信講座をフル活用しよう】

勉強道具

実務者研修の通信講座で知識とスキルが身に付く

実務者研修は通信講座でスキルと知識を身に着けることが可能です。実務者研修は介護福祉士になる上で必要な過程で、通常介護福祉士は実務経験3年と実務者研修をうけ、それから国家資格の介護福祉士の資格をします。介護に関する知識や技術がある場合、この実務者研修は1か月で終了しますが、介護に関する知識もなく経験も全くない場合は実務者研修の資格を取得するまで6か月かかりますが、通信講座によってもこの期間が多少前後することもあります。

通信講座で取得できる介護関連の資格

男女

レクリエーション介護士

レクリエーション介護士は、様々なレクリエーションを通じて楽しく健やかな生活を送れる容易なサポートをする資格です。主に体を動かすことが中心のこのレクリエーション介護士、資格取得も簡単で標準学習期間もわずか3か月です。

ケアマネジャー

ケアマネジャーは、介護保険制度において中枢になるような仕事をします。介護サービスを利用する上で、一人一人にあったケアプランを提案し、介護サービスの調整を行っていく、介護施設においてなくてはならない重要な役割をします。

社会福祉士

社会福祉士は、高齢者や障害のある方の相談に応じたり、その人に見合った指導や助言を行ったりします。主にデスクワークを中心に行い、やや難しい資格ではありますが、今後もさらに高齢者の人数が増えると予想されていることから、ニーズの高い資格です。